2010年04月07日

ふけをほっておくとどうなる

無料レポート進呈中

★ 頭髪環境の改善をはじめてください! ★ 〜強烈な若ハゲからわずか半年で10代の髪を取り戻した男があなたのハゲを克服します!!〜



ふけには二種類あります。主に女性に多い乾燥性ふけと、皮脂の分泌の多い男性に多い
脂漏性ふけです。その中で脂漏性ふけ症は放置すると病気に発展するので注意が必要です

脂漏性ふけ症は、分泌された皮脂を好む雑菌が繁殖し、その雑菌のせいで角質がどんどん
剥がれ落ちていくことで起きるのです。そして、その原因はカビと言われています

この症状が進むと、脂漏性皮膚炎という病気に発展します。脂漏性皮膚炎は
主に頭・顔のTゾーンから黄色い皮脂が出て、頭皮・顔・耳・背中・脇・股などに
炎症やかゆみを起こします

症状が進むと、患部の皮が剥けたりします。脂漏性皮膚炎は、大変厄介な病気で
完治が難しいとされてきました。これまでは、主にステロイドを利用して
症状を抑えるしかなかったのです

でも、最近では研究の結果、カビが原因らしいということがわかってきたため
抗真菌剤を使用することにより、その改善効果が期待されています

いずれにしても、薬だけに頼るのではなく、生活全般を見直し、睡眠不足やストレスを
減らすよう生活改善を行う必要があります。睡眠不足やストレスは皮脂の分泌を
増やすと言われていますから、規則正しい生活を心がけることが重要です

また、皮脂の分泌を抑えるビタミンB群やビタミンEの摂取を心がけたり
皮脂の分泌を増やすと言われる脂分・糖分・香辛料を控え、食べすぎ・間食などで

摂取カロリーがオーバーしないように気をつけてください
シャンプーは、洗いすぎず、擦りすぎずに清潔を保ちましょう


実録
フケ症の人と水虫の人は、放っておくともっとひどい皮膚病になる

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、脂漏性皮膚炎、掌せき膿疱症など、すべての皮膚病は
体のなかに毒がたまったことが原因によって起こると、私は考えています

私たちは生きているかぎり、何かを食べていかなくてはなりません
食べ物を食べれば、そのなかには毒も含まれています

人間には自浄作用があり、毒を排泄し、たまり過ぎないようにしていますが
体のバランスが崩れると、自浄作用がうまく働かなくなり、体に毒がたまっていきます

体のなかの毒が、ある一定量を超えてたまってくると、体に異常がでてきます
皮膚病は、それらの毒によって起こる体の異常、病気のなかでも最も最初に起こるもので

皮膚のかゆみや湿疹は、体に毒がたまっているというサインであると同時に
毒をだそうとする排泄作用でもあります

皮膚病はすべて兄弟のような関係にあって、原因は体の中にたまった毒です
さまざまな皮膚病の症状があるのは、体内の毒素の量が多いか少ないか

毒がどこにたまっていて、どんな場所にでるかによって違ってくるだけなのです

アトピー性皮膚炎と尋常性乾癬は、皮膚病のなかでも治療の難しいものですが
西洋医学では二つをまったく違う皮膚病としてとらえています

しかし、私はアトピーと乾癬の違いは、体のなかにたまった毒の作用の仕方が
違うことによって、症状が違ってくるだけだと考えています

アトピーの特徴は、毒が体のなかで動き回り一カ所にとどまっていないことです
そのために激しいかゆみが起こります

無料レポート進呈中

ストレス・不安・緊張・うつによる不眠症を【わずか15日間】で克服し、だるさ、慢性疲労、イライラ、悪夢、頭痛から開放され、高いモチベーションと継続的な集中力を手に入れた“睡眠コントロール法”!!
ラベル:ふけ 放置
posted by 体の問題解決 at 11:01| ふけでの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。